経年劣化を楽しめる栗(クリ)フローリングができるまで

更新日:2月17日


こんにちは。

山形県米沢市のアイタ工業です。



先日ご注文いただきました

栗フローリング』の製作工程ですが

本実加工前に行う確認作業に入りました。



乾燥が完了した無垢板材を

「反り」や「ねじれ」が無いか

専門の職人が1本1本 確認します。


この工程を『くるい取り』と言います。



1本ずつ顔が違う木の表情を、穏やかであるかの

確認作業です。


時間をかけて、しっかり目利きした無垢板材だけが

本実加工の工程へ進みます。





栗フローリング 乱張り
「くるい取り」が完了した板材





クリ床材 加工前
綺麗な色と木目が出ています


次は、本実加工です。

専用機械で一気に無垢フローリング

製品になります。






ご覧いただき有り難う御座いました。 引き続き、広葉樹国産無垢材フローリングのアイタ工業をよろしくお願いいたします。



 

株式会社アイタ工業

ADD.〒992-0022 山形県米沢市花沢町2845 TEL.0238-23-1847



おすすめの記事

「広葉樹国産無垢材フローリング」のページを見る

「国産無垢材製品製作の事例」のページを見る

「ショールーム」の記事を見る

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示