材木そのものにキャラメルのような香りがあり、肌めが細かく、材面がキラキラして見える桂の木は、渓流沿いの水際によく生え、新緑、黄葉ともに美しく、人を和ませてくれます。また、都市緑化木として利用され、都心に緑陰を提供してくれます。

 

そんな桂は、比較的柔らかく、素直なことから、彫り物をはじめ幅広く利用されてきました。

日本においては山形県最上郡最上町にある地上から約1.3mの位置での幹周囲が約20mの「権現山の大カツラ」が最も太いといわれています。また、北海道・日高地方などから産出される赤みがかった緋色のきれいな桂は、ヒガツラ(緋桂)と呼ばれ優良材として特に重宝されています。

香りがよく、耐久性のある国産天然木無垢材の桂を壁やフローリングなどの生活空間の中に取り入れてみませんか?

桂材(国産)の特徴

科名:カツラ科(カツラ属)
​産地:日本、中国
材質:
比較的柔らかい。
大径木で大きな材が取れる。
​加工しやすい。
木理:やや粗い
​比重:0.50
用途:
木彫り・仏像・鎌倉彫・家具材・将棋盤・囲碁盤・楽器・鉛筆・壁材・床材

​桂材(国産)の同素体

緋桂と青桂

同じ樹種でも性質の違う緋桂と青桂 

緋桂(ヒカツラ)は心材が朱紅色、辺材が黄白色と境界線がはっきりしているため、その性質を生かしたデザインの作品が作られたりしています。

一方、青桂(アオカツラ)は、アテ部分が多く辺材も深い性質を持っています。長野の善光寺に曲がり柱と呼ばれ柱がありますが、こちらはわざとねじって建てたものではなく、アテによるねじれが経年変化により除々に起こって自然とよじれたものと推測されています。

国産無垢材フローリング加工は、素材・種類・寸法・個数により価格が異なります。
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

国産無垢材のことなら
アイタ工業お任せください!!
TEL 0238-23-1847
FAX 0238-23-1835

受付時間:8:30〜17:00(定休日:日・祝日)

​国産無垢材と天然乾燥にこだわって、お客様が中心になって考える家づくり」

住所  :〒992-0022 

山形県米沢市花沢町2845番地

TEL   : 0238-23-1847 

FAX   : 0238-23-1835

株式会社

アイタ工業

株式会社アイタ工業(C)2018 All Rights Reserved